思いと行動の話です。  なら自分が…を強く感じつつ。反省しつつ。

 

最近動きが止まっていたこのブログ、他媒体のアカウントですが橘@佐藤さんがなくなった事と連山という考えが薄れたようにも思えたからです。

直後から一年ぐらい記事を書かずに終わってしまった時のタイトルは

「まだ何も伝えてない」「死人に口無し」「クチナシの花が咲く頃に」 などでした。

 

選挙に出ている人について色々言及したいようなしたくないような気持ちがあるのですが今何かいうべきかと思い書いてます。

出馬というのは大変なものです。「出来ない・合わない」は通常以上に多いものです。ですが何が可能となるかの点においてやはり選挙・議会というのは非常に大事、大事にすべきだと思います。

秋月の解散より、前のめりすぎて振り返る事があまり出来てなかった気がするのですが自分自身に対してより他人に対して薦める時はより確実さが欲しくなるものです。

正直言いますと一番大きかったのはガイガーカウンターのソフトウェアが使用不可になりスタンドアローンとしても動かなくなった事についてです。(機器は今も元気に動いてます。)機器やソフトウェアについてというより、その位置づけについてどのような態度だったのか。

以前よく思った誤字脱字については似たような見返す時、他人から見る時、を感じます。

 

それでも今後も含め、変化やアンテナ、目標といった事に「私は好きを諦めない。」でいたい。

昨日だったかの四国新聞にありました。一人で過去の教えを飲み込み、飛躍し、新たな宗派をつくった空海は偉大かつ完成(定義なども循環・包括する)したがゆえに、死後も最澄がいた宗派のようなゴタゴタが無く、その結果将来(死後)の変化発展が起きなかったそうです。もちろんこれはおおまかな話であって、教えにたいしての違いや更なる宗派へ沢山わかれてるんですけどね。真言宗より天台宗の方がより幅広く、別物まで生み出したという事かなと思います。

外国へ行き、宗教(概念)を持ち帰り発展させただけでなく、能書家・文人であり、技術者でもあり満濃池の改修を始め、多種多様な技術、知恵を広めたとされる(伝承伝説で実際は不明なの含む)空海、のちの弘法大師を改めて考えてみたりします。

 

尚、この記事の冒頭についてはアニメやゲーム関係からの言葉を使っています。ユリ熊嵐、過去の書かずに終わったものに関してはEVANGELION、ひぐらしのなく頃に、です。

更にどうでも良い話。このドメインの更新支払い期日は5月7日。更新予定です。

避難というのはまず、通常時ではない状況から開始します。

当然自分よりも社会全体は大きいぶん、ダメージを受けにくく、同時に回復しにくいです。

阪神淡路大震災の時、香川のある学校は通常通りのままでしたが、窓が複数割れ、

校舎の一部にはひび割れが発生しました。窓はすぐ交換されました。ひび割れは当分なおりませんでした。

揺れが大きければガラス屋の在庫や他の建物の被害も大きく、ガラスの交換も遅くなったでしょう。

 最近、家の付近でも雪が降りました。可能性は確かに予報で出ていましたが

実際に降りだしたのは夜暗くなってから。そして数時間のうちに一気につもり、海からわずか10分の山間部でも

慎重にゆっくり運転しないと危ない状況だったようです。ちなみにスタッドレスタイヤやチェーンはこの辺りの土地の場合そうそう用意しておりません。

 

ごきげんいかが?  原発震災に備える避難訓練  2012年8月1日

>1つ違ったのは、ガソリンスタンドの給油が、1回に5リットルまで制限されていたことです。

この記事を思い出していただければ長距離移動の可否が緊急時には大事な事がわかります。

同時に準備や訓練がやくだった実証でもあります。

自活出来る範囲を広げる、というのと可能な範囲を見極めておく。これはやってみないとわかりません。

 

三菱アウトランダーPHEV(CarテクノロジーWatchインタビュー)のようにある程度お金や大きな準備が出来ない事も多いと思います。

ですが、その時々で工夫、または他の対応が出来ると考えて見ることも大事です。

例えば携帯電話や通信関係のブログで鈴の音情報局blogという所があります。

このひとは震災後、被災地に飛び、当初の予定を大幅に超えて現地で救援活動にあたっていました。

いわゆる箱バンの車にカーバッテリーを複数積み、通信の電力を確保。

そして予定を大きく超えて一ヶ月ぐらいでしたでしょうか、継続して青果市場から野菜を購入、避難所へ

送り届けていたのはブログで募金を募集した結果です。見知らぬ人からの入金、そして現地の写真や動向。

途中経過や状況も随時ブログ記事にしてました。

 

ただ、一番重要なのは物よりも経験、慣れ、覚悟といったものだと私は思います。

例えばそれはトイレであり、人へのコミュニケーションであり、希望的観測をするのなら行動の元にしたりといった辺り。

「身を捨ててこそ、浮かぶ瀬もあれ。」

 

(RSYC)で検索してふとみつけたブログ。

注:シンガポールの会員制ヨットクラブ「Republic of Singapore Yacht Club(RSYC)」では無い模様。 創立184年というアジア最古の伝統を誇る、という方では無い。

 ロイヤル・セランゴール・ヨットクラブという単語でひっかかってきました。

到着した記事。 http://norc1.exblog.jp/d2010-10-26/

Nippon Offshore Racing Council  http://norc1.exblog.jp/

外洋ヨットのブログですが、本人が外国に出ている事もあり、そして無線などの

日本国内での「常識」についての話が色々と面白く幾分読み込んでしまいました。

それにしてもブログやサイトにおけるタグやカテゴリはやっぱり大事ですね。

一覧のよさと同時に閲覧しやすく、したいと思わせます。

ちなみに今はこちらに専念しているようです。

http://onbreeze.org/

「きっと何者にもなれないお前たちに告げる」

と輪(まわ)るピングドラムの台詞から。連山改の

地デジ対策とパンとサーカスの日本という記事には
京都会議7月にて水素船チケット3口以上申し込みをしたのは女性ばかりだったとありました。

 8月、それはシンガポールへ続く為に残るは後一回の京都会議。
 

 

輪るピングドラム 1 [Blu-ray]

新品価格
¥6,838から
(2011/7/22 02:00時点)


 

輪るピングドラム 1 [DVD]

新品価格
¥4,507から
(2011/7/22 02:02時点)

 

12月10日〜12日の3日間、台湾に旅行しました。 今回はガラケー(海外ローミング通信対応)とSIMフリー版iPhone4(日本通信/DocomoのMicroSIMを使用)を持参し、 現地無線LAN(Wi-Fi)および携帯通信機器関連事情について調べましたので簡単に報告します。

<3G回線> 3G回線については、少なくとも今回私が訪れた場所(台北駅周辺、台湾高速鉄道車内、高雄市街)では 全て問題なく入感しています(まあ、当然と言えば当然ですね・・・。) 3G回線=携帯電話が使用している回線 ですから携帯電話が使えていれば使える、ということになります。

1)台北編

桃園国際空港内は、一部空間では問題なく使用できました。

<台北駅地上部周辺> ホテルやデパートがある台北駅周辺や、商店街が林立している西門町地上部では、 建物付近に到着した時点でWi-Fiの無線が入感する状況でした(1重〜3重、強さはまちまち)。 Wi-Fiについては、パスワードがかかっているところとかかっていないところとが点在しており、 かかってないところでも、使える場合と使えない場合とが両方あり、一見する入感が強くて使えそうな所でも 実はWebブラウザが起動してIDとパスワードの入力が要求されて使えなかった、というのもありました。 さらに面倒くさいことに、iPhoneでは使用可能でもiPod Touchでは使用不可能なところもあり、こればかりは 実際に持って行って使ってみないとわかりませんでした。

<台北駅構内/列車車両内> 台北駅地下、および台北捷運(地下鉄)駅構内はWi-Fiが入感しておらずWi-Fiは使用不可でした。 台湾高速鉄道台北駅構内および列車車両内では入感しており使用可能でしたが事前に利用申請しておかないとダメでした。 (Webブラウザが起動してIDとパスワードの入力が要求されました)

<二二八和平紀念公園内> 台北中心市街にある大きな公園で、災害があった際の避難所にもなっていますが(防災公園として指定) 残念ながらそこでは使えませんでした。

2)高雄編 <台鉄高雄駅および周辺> 台鉄高雄駅構内、および高雄駅周辺の商店街では全く入感しませんでした。 高雄駅近くのマクドナルドにはWi-Fiスポットがあり、そこでの通信を確認しようとおもったら 残念ながら顔面蒼白になる出来事が発生したため確認できませんでした(トホホ

<高雄捷運> 台北捷運と同様、駅構内および車両内のいずれも使用不可でした。

<左営駅および周辺> 左営駅は台湾高速鉄道の終点です。台湾高鉄左営駅では、台湾高鉄台北駅とは異なり自由にWi-Fiが使用できる空間がありました。 一方、台鉄左営駅構内、および近くにある新光三越左営駅前店では残念ながら使用できませんでした。

3)特記事項 iPhone4の3G回線単独では、ローミング設定関連に問題があったのか解りませんが、残念ながらインターネットに接続できない状況となりました(電話の方は問題なく繋がりました)。 一方、ガラケーの回線でのインターネット接続については、海外パケホーダイの適用になったため¥1480/日という高額ではありますが問題なく接続できました。iPhone4については、Wifiが繋がらないところでは(3G回線のみのところ)インターネットに接続出来ない状態でした。 言い換えると、Skypeによる無料通話が出来ない、ということです。

 

4)現時点での結論 正直のところガラケーでの通信の方が安定性が高く、実際に顔面蒼白になる事態に直面した身としては、使い慣れたものも持って行く必要性を痛感しました。 現時点ではWi-Fi+スカイプで無料で話し放題というのはちょっと難しいようですが、私が見かけた台湾人の殆どが、iPhoneやサムスン製ギャラクシー等のスマートフォンを持っているという現実を目の当たりにした以上は、将来の時に備えておきたいと思いました。 

飛燕放送局にて好評放映中の「G-Watcher V2」(Win)(Mac) をはじめ、当ブログに多数のコメントを頂いており誠に有り難うございます。本来ですと皆様一人一人にコメントを返したいところではございますが、対応できませんことをここにお詫び申し上げます。

<「G-Watcher V2」価格>
¥50,000-(ガイガーカウンター本体、ケース、Win/Mac両対応ソフト、USBケーブルのセット)
2011年より開設予定の通販サイトにて販売予定です。

※本品のガイガーカウンターは、日本政府により「国外への輸出規制品」の指定を受けておりますので、現時点では海外への発送ができません。大変申し訳ございませんが予めご了承いただきたくお願い申し上げます。

また、「G-Watcher V2」、および関連性の高い「ドラマ『原発震災』予告編動画」にコメント頂いた方のipアドレスを、管理者権限により逆引きさせて頂きましたところ(失礼!)、欧州諸国在住またはご出身の方が多いことが判明しました。

この方々の多くは”チェルノブイリ原発事故”の被害に直面された可能性があることがうかがえます。如何にチェルノブイリ原発事故が酷いものであり、今もなお深い傷跡を残していることを私自身改めて思い知らされた次第です。

なお、Webラジオドラマ「原発震災」本編は、「ごきげんいかが?」にて上映中です(音声、全て日本語)。東海大地震が発生し、静岡県・浜岡原発付近を津波が直撃したという設定です。

第一話「鳴り続けるガイガーカウンター」
第二話「襲いかかる放射能」
第三話「錯綜する情報」
第四話「脱出の行方」
最終話「経済的に没落する人々」
特別編「原発震災により東京が放射能汚染された場合、日本経済はどうなるか?」


ここに来て人気が上がっていることに伴い、レンタルサーバーに過重アクセスがかかっております。万一このブログが一時的に読めなくなった場合は、友人が開設しておりますブログ「湊子の徒然」(minatoko no tsuredzure)に寄稿致しますので、こちらも合わせてチェックして頂きたくお願い申し上げます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


以上、私(湊子)本人ではない転載依頼の原稿でした。

 13日の東京コミケももちろんそうですが、7月後半から各地で祭りが行われたり花火大会がありますね。

暑さのなか、秋の収穫に向けてコミュニティの団結と地域への心を取り戻す時だと思います。東かがわ市でも旧町単位で行われ、更に小さな地域単位でもありますね。白鳥神社は昨日が夏越(なごせ)でした。

明るい頃のプロペラ機のショー、しろとり動物園の移動動物園とショーは見ませんでしたが花火開始とともに神社に行きました。

出店は空きが見られるものの最近程度には多く、若い男女が非常に多かったです。気のせいかその上の年齢は少なかったような気がします。もっと上の年齢は沢山いるんですけど絶対数も多いですから率としてはきっと10代20代が一番多いのだろうなと思いました。浴衣姿は特にそうでした。数人ですが外国人の姿も見られ、その人達も浴衣でした。

これは交流と、新しい記憶を期待しての事だろうなと思います。実の所私も最初は毎年のことだし、別に良いかなと思ってましたが花火の音に釣られて行ったようなものでしたから。

すぐ海側の道路は人で一杯でしたが、そこから西方向は車が車道にずらりとならんでおりちょっと嫌だなと思いました。しかし同時に現地は駐車スペースが殆ど無い事や、道路の三分の一ぐらいが封鎖されていても車の通行は結局歩行者の事を考えてゆっくり走ったり、走行台数も少ないので良く無い事ではありながら、今日は特別だしこのぐらいならと言う気持ちも同時に湧きました。

花火が終わり、境内と参道の出店は30分後にもなると潮が引くように減ってきていましたが、その時間でも結構な人がおり、茅の輪くぐり(男女逆方向に3回回る)もしていました。出店はB級グルメとして有名な〜という売りででていたものや、きゅうりを丸のまま串刺しにして氷とかけ流しの水で冷やしながら売っていた一本漬け?はかなり驚きました。そういえば普通あるのは焼き物か、氷みたいな飲食物ばかりですね。意外性もあってか結構売れていたような感じです。

ふと思い出しましたが金魚すくいは数が減り、ウナギ釣りは無くなってました。今年は高騰してるようですしね。カブトムシ、クワガタムシのくじはありましたが、オカヤドカリも景品になってました。サイズはかなり小さいようです。

帰ってみると汗も結構でていました。それなのにあまり不快じゃないのが祭りの凄さかなと思いつつ。

nagosewa.JPGのサムネール画像

 

(下書きとして書いていたものの反映しなかった記事)

 一夜城として成立したこのブログですが
ドメインの期限は一年で、6月7日に終了、その更新代金の支払は5月7日まででした。

これが案外忘れそうになるものなんですね。人が言ってたのがよくわかります。
XSeverで私はドメインをとりましたので、そのまま移動せずに更新代金を払うことにしたのですが
実に楽でした。コンビニエンスストア支払いでも即座に支払い可能になるのです。
もちろんクレジットカードでも可能ですがオンライン決済番号というものを発行してもらい
コンビニの端末で打ち込むとレシートのようなものが出ますので
30分以内にレジに持っていくと受け付けてくれ、そのまま支払いが可能です。
(注意として現金支払いのみらしいことをいわれました。)

もちろん反映もすぐです。何分なのかは分かりませんが、何十分もはかかってませんでした。

 今日は「泉州国際市民マラソン 電脳医師団参加」だそうですね。

そして記事の題名にした佐賀イベント、吉野ヶ里歴史公園のジョギング倶楽部への参加が来月3月14日に。

連山の「九州戦役と如月隊」によるとその電脳スポーツ倶楽部の初陣だとも。

四国からですと少々遠いですが、ジョギングやマラソンというのは自分の足を鍛える、いえ

より良く保つためにもできるだけしたいですね。

寒いので……ではなく、寒いからこそ体があったまる事が苦痛にならずむしろ快適であると考えてはどうでしょうか?

ただし、体、とくに関節が固くなってるでしょうから柔軟、準備運動は必須でしょうね。寒いときに地面に転んでると痛さと傷が増えるような気がします。

 

追記:処でブログ記事を久しぶりに書くと改行した時に間隔があいてしまう処にちょっと違和感を

持ってしまったりしました。と、ここまで書いたところでshiftキーを押しながらエンターというのを
思い出しました。環境はMacのSafariで、フォーマットをリッチテキストにしています。

 民主党幹事長の小沢さん、最近の言動には違和感を覚えるほどです。

引用開始ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小沢さんといえば、支那訪問の後、南朝鮮に遊びに行きましたが、その際、天皇陛下を南朝鮮に行かせることができるんだと思い上がった発言をしました。
そういったことをすると、いろんなところから足をひっぱられて、権力闘争に負けていく現場を目の当たりにしているはずなのに。。。
小沢さんも政治の世界から去る日が、そう遠くないなあと思うしだいです。
2009/12/20 橘みゆき  兵隊よりも士官になろう またしてもブーメランの法則が発動

ーーーーーーーーー

 小沢氏「ニートは親が悪い」に「俺が悪い」の声 アメーバニュース 12月16日 19時08分

 

小沢幹事長が、上記のように語ったのは、12日にソウルの国民大学で講演を行った後のこと。講義を聞いた学生から、日本のニートへの対応を聞かれた際に、「日本の現状はみんな親が悪い。ぶらぶら遊んでいるのを食べさせている」と主張し、「親の教育をしなきゃいけない」と対応を語った。

-----------------------------引用終わり

なぜそうおもったのか。小沢一郎はウィキペディアをみるだけでもわかるように党首やそれに匹敵する立場の経験があり、またそもそも自民党の中心付近にずっといた男です。権力闘争や人間関係の機微は分かった上で乱暴な行動や喋りもできると思っていたのですが、どうも余裕が無いように感じます。

口が悪いのも芸のうちといっては酷いですが個人としてのキャラクターが石原都知事とは違います。それが最近の上記会見での喋り方などは豪腕といってもちょっと別ではないかと思います。英国行きで資金を用意したという噂なども考えると時代の変化に対して必死なのだろうかと感じられます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.26